太田青磁の日記

There's no 'if' in life… こんにちは、短歌人の太田青磁です。

短歌の活動です

2014年4月 短歌をはじめてみようと思う
2014年7月 読書メーターコミュニティ「夜な夜な短歌」参加
2014年10月 うたの日に投稿をはじめる
2014年11月 短歌人会入会、川田由布子氏の選歌・添削を受ける

2015年3月 短歌人 東京歌会参加
2015年7月 髙瀬賞最終選考候補作「ステージのベル」(三席)
2015年10月 短歌人 卓上噴水「風のメロディ」掲載

2016年1月 NHK短歌 ジセタイタンカ「東下り」掲載
2016年5月 短歌人「Book Review」寄稿(8月号まで4号連載)
2016年11月 さまよえる歌人の会『水銀飛行』レポーター

2017年1月 斉藤斎藤氏の選歌を受ける
2017年7月 短歌人 研究会発表「染野太朗を読む」
2017年11月 1975年生まれ短歌アンソロジー「真砂集」発行

2018年1月 短歌人 会員1欄昇欄
2018年4月 短歌人 新年歌会記掲載
2018年5月 個人誌「青磁の器」第一号発行

2018年11月短歌人東京歌会に参加しました。

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

11月25日(日)に短歌人東京歌会に参加しました。この日は文学フリマ東京と日程が重なっていたので、後半のミニシンポジウムだけでいいかなと思っていたのですが、文フリ会場で会った方から詠草少なめらしい、ということを聞いてあわてて駆け込みで参加しました。

出した歌はめずらしく小池さんからこれでいいんじゃない、という評をもらえたので遅れてでも参加してよかったです。(少し前に月詠に出した歌を推敲しました)

後半のミニシンポジウムは佐藤佐太郎の歌を三名のパネリストがいろいろな切り口で紹介してくれました。ここから盛り上がるかな、というところで子どもの塾が終わったと連絡があって、残念ながら会場発言は聞くことができませんでした。

f:id:seijiota:20181130172336j:plain

ミニシンポジウム(佐藤佐太郎)

佐太郎はまだまだ読めていないので、ゆっくりと読んでいきたいです。

文フリの戦利品はこんな感じです。

・近藤芳美クリアファイル
・短歌ホリック3号
・稀風社の経験
・六花3号
・とりま
・ぬばたま3号
・Library2号
・砂糖水
・みたたんか3号
・スパルタの本(句集)
・手稿録

です。予算の都合上断念した書籍・雑誌はゆるく追いかけていきます。

短歌人2018年12月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。
今月の月詠です。

すっぱりと斜め四十五度に切られた月をしばし見ている

台風一過の運河のみずは鈍くひかり水羊羹のようにゆれおり

夕空にまだらに浮かぶうろこ雲 こわいと言われればこわい気がする

自習室が閉まる十時はサイゼリヤにたびびと算をならんで解きぬ

先生の名前がふたつ並んでる国語便覧「あきのくさはな」 

いよいよ年末が近づいてきました。このところ思うように作品が出せず苦しんでいるのですが、ここはほかの人も通る道なのだろうなと感じています。

感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

短歌人2018年11月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。
今月の月詠です。

モニターの石原さとみで涼をとる乗車率200%の朝
鈍行を乗りついでゆく乗るごとに車両みじかく町はのどかに
雨雲レーダー真紅に染まるセルにいて折りたたみ傘はただの棒なり
マヨネーズ多めで頼む平和園の冷やし中華で夏がはじまる
中華鍋を軽々と振る背筋をビール片手にながめていたり
小学生ですら暗記してくるスピーチを読むしかできない人でいいのか 

マッチ擦るつかのまの海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや
寺山修司『空には本』

「特集*前衛短歌は勝ったか負けたか」に、寺山修司の歌と短いエッセイを寄せています。若き日の短歌との出会いについて書きました。この歌を当時はうまく読み解けなかったのですが、格好いい短歌がいい短歌なのかという命題は持ち続けていたいものです。

感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

短歌人2018年10月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

今月の月詠です。

明け方にあるいた川沿いの道をもう一度あるく夕まぐれ

この夏はなぜかやたらとぼんやりしていて、全国集会に出した一首を送るのが精いっぱいでした。どこの川なのかは分かる人には分かるかもしれません。

f:id:seijiota:20181025100748j:plain

f:id:seijiota:20181025100731j:plain

鳴りやまぬ電話のベルを聞いていつ 誰も映らぬモニターの中に

Selectionでも一首引いていただきました。ありがとうございます。

感想など聞かせていただけるとうれしいです。

 

短歌人2018年9月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

今月の月詠です。

冷麺を食みつつ歌集の話せり盛岡に暮らす高校生と
不来方のお城へ向かう朝まだき吸われし空は雲に隠れて
サンビルに四人が集う 文フリは同い年に逢うための旅
旅先に当たりの喫茶店あれば再び訪なうのが習いなり
山に囲まれ育つ人には山々が絶対的な安心とわかる
朝に夕に川沿いを歩む このペースで暮らせる街は住みたくなる街

6月に文学フリマ岩手に行きました。今年に入ってから文フリの歌ばっかりですが、感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

 

2018年7月短歌人東京歌会とビブリオバトルに参加しました。

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

池袋のいつもの会場が工事中につき、芸術劇場のリハ室を借りて歌会です。
こういう部屋は、オーケストラの練習で使っていたことが多く、セッティングにも何だか張り切ってしまうのですが、研究会のプレゼンターの役割もあって体力温存で望みます。

この日も50首を越える詠草が集まり、一首一首の時間は短いものの、密度の濃い批評が飛び交う感じでした。発言は結構手をあげたのですが、読みきれない歌もあって、いろいろな人の話を聞くのが大事だなと思っています。

歌会のあとの研究会では、「短歌ビブリオバトル」というおススメ本を紹介するプレゼンバトルに参加しました。川田さん、藤原さん、長谷川さん、浪江さんと5人で5分ずつおススメ本について紹介したのち、会場からの質問に答え、全員が紹介し終わってから、投票で結果が決まります。
一冊目は稀風社さんの『誰にもわからない短歌入門』(2015年)で臨みました。一番手だったので緊張しましたが、何とか時間内に話をすることができました。

kifusha.hatenablog.com


二冊目はユキノ進さんの『冒険者たち』(2018年書肆侃侃房)です。版元や新鋭短歌シリーズなどのレーベルを合わせて紹介したので、歌集の紹介が十分に話しつくせなかった感が残りました。

冒険者たち (新鋭短歌シリーズ38)

冒険者たち (新鋭短歌シリーズ38)

 


結果は2冊とも藤原さんが勝ったのですが、今回は勝つことよりも良い本を紹介することができたので個人的には満足です。

歌会、研究会に続き懇親会にも参加しました。見学にきてくださった方や、プレゼンバトルに参加した方と話ができてよい時間でした。

全国夏季集会のため8月は東京歌会は休会となりますが、勉強会もありますので、見学希望の方はどうぞお声掛けください。

ご参加くださった皆さま、どうもありがとうございました。

短歌人2018年8月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

今月の月詠です。

御殿山の坂をのぼりて現代美術コレクションに浸るひととき
洋館の階段ゆるく曲線を描く手すりの手ざわり滑らか
前後左右を白きタイルに囲まれてわれの思考は四角くなりぬ
鳴りやまぬ電話のベルを聞いていつ 誰も映らぬモニターの中に
砂で描かれた共和国旗と太極旗わずか崩れて混ざりつつあり
赤き服の案内嬢ら折り伏せるうごく歩道は闇へと続く

原美術館を訪れたときに作った吟行詠です。感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

 

短歌人2018年7月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

今月の月詠です。

表紙のみ印刷に出す 文章は前々日まで書く前提で
紙を折りホチキスで綴じ紙を折る 繰り返すほどに精度はあがる
文フリに行きたいという子を連れて遠足の日のようにバスに乗る
カレーしか食べ物はなくふたり分のカレーを買って席につきたり
そろそろ飽きたという子を送る帰り道 間違えて大井競馬場に立つ
採算は取れたかと問う子がいれば安心して趣味に打ちこめるなり

5月号の作品に月評をいただきました。菊池孝彦さん、ありがとうございました。

二月中に出すといった雛人形を三月一日のロスタイムに出す
「ロスタイム」という喩えが作者の発見。雛人形を二月中に出すという約束が日常の雑事に紛れて果たせず、三月一日に出した。まだロスタイムだからセーフにしてよ、ということか。作者も家族も微苦笑の顛末。

今月号では、髙瀬賞と評論・エッセイ賞の選考結果が発表されました。髙瀬賞は鈴掛真さんの「冷たい手」と鑓水青子さんの「真冬ロシア」が受賞となりました。おめでとうございます。評論・エッセイ賞は今回は受賞作なしでした。いただいた講評を読みながら足りない部分を感じております。

感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

 

短歌人2018年6月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

今月の月詠です。

一市民を意識したしと春雨の議事堂前にわれしばし立つ

自意識が邪魔をしておりコールには静かな怒りの念のみ送る

<ここからは出れません>とう看板のら抜きにあらわる出来合いの感じ

「水色のヘアアクセサリー」と娘から指示ある妻の誕生日前夜

六年生は背中を見せる役目だと入学式に子は背伸びせり

浅草におでんを食えば同い年は旧知の仲なり初対面なれど

感想などお聞かせいただけるとうれしいです。

f:id:seijiota:20180529173640j:plain