読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太田青磁の日記

There's no 'if' in life… こんにちは、短歌人の太田青磁です。

短歌研究2月号「相聞・如月によせて」

短歌

こんにちは、短歌人の太田青磁です。

短歌研究2月号の「如月・相聞に寄せて」から、鳥居さんの連作を中心に引用します。

【指先】

指先でひかりを剥いでゆくやうにあなたのしろいページを捲る
/「bibliophile」鳥居

暗やみにふれようとする指その指の冷たいことはもう知っている
/「つららと雉」黒﨑聡美

【指紋】
まだ硬き背に添はせゆく柔らかな歯形、あるいはさやかな指紋
/「bibliophile」鳥居

幾千の語を一瞬に消し去れど指あと残すスマートフォン
/「燻る朝」田村ふみ乃

【余白】
余白より文字はしづかで青杉の翳のさやげる季節に入りぬ
/「bibliophile」鳥居

君からの手紙が来ない日は余白 新潮文庫をココアに沈め
/「もつ鍋の煮えるころ」武田穂佳

【繭】
たましひが繭となるまで行間の淡き孤独をみつめてゐたり
/「bibliophile」鳥居

羽化しない蛹の私ほどかれて一本の糸 六月の繭
/「六月の繭」晴山生菜

【花】
その胸をひらきゆくとき仰向けに花の名前を教えてくれる
/「bibliophile」鳥居

ふかぶかと釦を留めるとめどなく木漏れ日と花びらが降る日に
/「長い眠り」飯田彩乃

【風】
交はりを終へた疲れに閉ぢゆけば君がほのかに孕む夕風
/「bibliophile」鳥居

乳首を嚙めば吹雪を着るようにさびしくなりぬ 永遠は無理
/「無理」北山あさひ

【火】
みぞおちが火を焚くやうに痛むのだ栞はさみて別れゆくとき
/「bibliophile」鳥居

横向きに眠ればそちらへ堕ちていく内臓のすべてが濡れている
/「足りない」鈴木晴香

短歌研究 2017年 02 月号 [雑誌]

短歌研究 2017年 02 月号 [雑誌]