読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太田青磁の日記

There's no 'if' in life… こんにちは、短歌人の太田青磁です。

短歌人2015年10月号 卓上噴水 「風のメロディ」

短歌 短歌人

こんにちは、短歌人の太田青磁です。
歌人には見開き2ページで20首掲載される卓上噴水というコーナーがあります。
まとまった数の連作を掲載いただく機会はなかなかないので、ちょっと緊張しています。

歌人2015年10月号卓上噴水「風のメロディ」太田青磁
 せせらぎの流れ等々力渓谷にシュポンと響くラムネの硝子

 たくさんの浴衣の群れとすれ違う水族館のような交差点

 悠久の宇宙の流れの一瞬を望遠鏡で捉える奇跡

 ことばでは伝えられないものがありプラネタリウムに映る七夕

 蝶々が音なく集う真夜中の街の外れの灯りの下に

 芦ノ湖の風のメロディ聞きたくて遊覧船のデッキにのぼる

 夕焼けのグラデーションを切り裂いて夜の気配が世界を覆う

 来るものを拒むことなき真昼間の深緑濃き樹海に沈む

 廃村の学校跡の地下深くタイムカプセル埋められており

 息切らせ外階段を駆けるとき空が一段ずつ降りてくる

 「手長いね」そんな理由で誘われてトロンボーン吹く十三の春

 百年の歳月を経て残された音符の列が今よみがえる

 待ち合わせの目印として一冊をあなたの好きな歌集を胸に

 二段階右折のように待たされて行くも曲がるも心は揺れて

 防波堤の先端まで行きましょう 大丈夫だよ手をつなぐから

 教科書を昨日も今日も忘れてる机を寄せた席替えの後

 ぬばたまの洗いざらしの君の髪を乾かす風の役目を受ける

 雨の日を最後の逢瀬に決めたのは頬濡らしても強がれるから

 葉脈を透かす日差しが穏やかに木々の緑を黄色く染める

 バーで聴くジャズの枯葉にアドリブでグラスロックのはじける音が

目の前の情景や心象風景を素直に表現したい。シンプルにシャープにと思うと言葉足らずになり、伝えたいという思いが強いとありきたりな言葉ばかりを並べてしまう。毎月の選に込められたメッセージと歌会や勉強会でいただくアドバイスを胸に、手探りでも自分らしいスタイルを作っていきたい。


感想などお寄せいただけると嬉しいです。