読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太田青磁の日記

There's no 'if' in life… こんにちは、短歌人の太田青磁です。

短歌人3月東京歌会に参加しました。

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 3月18日の土曜日に短歌人の東京歌会に参加しました。 1月は新年歌会、2月は勉強会だったので、通常のスタイルの歌会は3か月ぶりです。はじめて東京歌会に参加したのが、2015年の3月だったので、成長できてるのかという…

短歌人2017年3月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠です。 短歌人2017年3月号 会員2(太田青磁) 二〇一七年一月一日うるう秒 一秒ながく初夢をみる 十四歳五ヵ月が七十六歳の「神武以来の天才」倒す 軽やかに腕をしならすチェリストは樵(きこり)のごとく組…

短歌人2017年2月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠です。 短歌人2017年2月号 会員2(太田青磁) お客様の社屋に通う お客様の社食に通う またしても朝日付だけ更新されるスケジュール 動く歩道を逆に走って先月も先々月も協定に決められた通り残業しました眠…

短歌人2017年1月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠です。 短歌人2017年1月号 会員2(太田青磁) 立冬という名の響きににふさわしく 木枯らし一号吹きぬける朝 自転車の荷台に乗せる坂道はこわいやっぱりこわい気持ちいい 「21じゃきついんだよね」上履きを買…

文さんのブログで短歌が紹介されました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 文さんのブログ「f_blue な日々」にて、私の短歌が紹介されました。 眼の遠くなりし上司に頼まれて細かなメモの文字音読す(太田青磁) fumikohblue.at.webry.info 文さん、ありがとうございました。

長谷川知哲さんのブログで短歌が紹介されました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 長谷川知哲さんのブログ「切磋琢磨Blog」にて、私の短歌が紹介されました。 有隣堂の文庫カバーをひとつずつ集めて作る本棚の虹(太田青磁) 切磋短歌Blog 短歌人会員2 その3 2016/12 長谷川知哲さん、ありがと…

短歌人東京歌会に参加しました。

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 12月11日に短歌人の東京歌会に参加しました。年内最後の歌会とあって、見学の方も含め50首の歌を読みあいました。先月は東京歌会に参加できず、勉強会や読書会、文学フリマなどに参加していたので、遠征を終えてホームに…

短歌人2016年12月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠です。 短歌人2016年12月号 会員2(太田青磁) エクセルに埋め込まれたる関数をほどきて半期決算となす 目の遠くなりゆく上司に頼まれて細かなメモの文字音読す 有隣堂の文庫カバーをひとつずつ集めて作る本…

短歌人2016年11月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。今月の月詠です。 短歌人2016年11月号 会員2(太田青磁) あ 夕暮れのスカイツリーはあでやかにうす紫のひかりこぼせり 空へゆくチケット売り場に並ぶ列 異国の言葉に包まれており 一分を数えるまでのエレベーターわれら…

2016年8月号「20代・30代会員競詠」より(3)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 ひきつづき、短歌人8月号掲載の「20代・30代会員競詠」からいくつか紹介します。今回の参加者は「無人島へ持っていくアイテム」というエッセイを寄せています。実用的なアイテムを選ぶか、孤独の時間をどう過ごすか…

2016年8月号「20代・30代会員競詠」より(2)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 ひきつづき、短歌人8月号掲載の「20代・30代会員競詠」からいくつか紹介します。この特集には去年一度だけ参加したことがあるのですが、題をつけると一連が立ち上がってきますね。 「日はまた昇り繰り返してゆく」…

2016年8月号「20代・30代会員競詠」より(1)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 短歌人8月号掲載の「20代・30代会員競詠」からいくつか紹介します。 勢いのある若手の歌を読むと気持ちが新たになる感じがします。 たれをかもしるひとにせむ真夜中の生放送のラジオ以外に /「消えたオアシス」天…

短歌人2016年10月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠です。 短歌人2016年10月号 会員2(太田青磁) 湯治場の石段上の境内に芭蕉の句碑はひそとありたり 茂吉、鉄幹、晶子、文明の碑が並ぶ草津ゆかりの百人として ティンパニをかかえて降りる階段が最初の試練コ…

短歌人2016年9月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。 短歌人2016年9月号 会員2(太田青磁) あかねさす紫陽花のはな紫は夏日の路地をわずかうるおす 薄紅の山あじさいはほほえみをうかべるごとし雨音消して 水滴がひかりを集め映えている 雨上が…

短歌人8月勉強会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 8月21日(日)に目黒区中小企業センターにて、短歌人有志による勉強会に参加しました。 この勉強会は3カ月に一回のペースで、主に30代~40代の方々と開催しており、普段は5人から8人程度(少ないときは3人)なのです…

短歌人2016年8月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。 短歌人2016年8月号 会員2(太田青磁) 旧居留地にテニスボールの音はずむ山手の丘を風吹きぬけて 初代鉄道建築技師長エドモント・モレルの墓ヨコハマにあり モレルの墓は「鉄道記念物」とし…

短歌人2016年5月号Selection(会田美奈子選)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。5月号に投稿した作品をSelectionに掲載いただきました。 短歌人2016年5月号会員2欄 Selectiion 会田美奈子選詠まれている事から詠まれていない事への想像をふくらますような歌 一列に黙礼しており各々が手に持つ白くひ…

短歌人2016年5月号月評(神代勝敏選)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。5月号に投稿した作品に月評をいただきました。 短歌人2016年5月号 作品月評 神代勝敏選 朝食のリンゴかじりて音たてるこの一日の目覚ましとして 朝食のリンゴをかじる音が目覚ましだとしたところに新鮮な感じを受ける。…

短歌人2016年7月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。今月の月詠を紹介します。 短歌人2016年7月号 会員2(太田青磁) 健康で文化的な生活のため月一万を昇給させよ 私以外通いなれている学校踏み入るときは不安な気持ち 皿洗う音の高さよ抑えきれぬ思いをぶつける人いまは…

短歌人2016年6月号 同人1欄より

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 短歌人2016年6月号同人1欄の掲載作品を紹介します。 義父と指す迷人戦の一局は常に私の☗7六歩から 藤田初枝「疑惑」初手7六歩と指すのは、将棋で一番オーソドックスな手である。ここからどのような展開になるかは棋…

短歌人2016年6月号 同人2欄より

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 短歌人2016年6月号同人2欄の掲載作品を紹介します。 いちはやく春朝空の窓にみる真雁のV字隊列よ美し 小西芙美枝「春」雁が隊列をなして飛ぶ姿をくっきりと描きとっている一首。早春の朝の光景があざやかに目に浮かぶ…

短歌人6月東京歌会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。6月12日の日曜日に池袋で短歌人の東京歌会に参加しました。短歌人の東京歌会は1月、2月、8月を除く毎月、主に池袋の会場で開催されています。今月も48首を、4時間休憩なしで評をしあいました。無記名の詠草集が配られ、互…

短歌人2016年6月号 会員1欄より

こんにちは、短歌人の太田青磁です。短歌人2016年6月号会員1欄の掲載作品を紹介します。 ゆうぐれの舗道のすみに咲いている矢車草の青のすがしさ 芦田一子 上の句で丁寧に描写された矢車草が、結句の青のすがしさによってきりりと引きしめられている。ヤグ…

短歌人2016年6月号 会員2欄より

こんにちは、短歌人の太田青磁です。短歌人2016年6月号会員2欄の掲載作品を紹介します。 夜桜を見たしときみに甘える日靖国神社は雨にうたれて 柊慧 皇居とりわけ靖国神社周辺の桜は毎年ライトアップされて美しい。雨の日だからこそ、夜桜を見たいと甘える…

短歌人2016年6月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2016年6月号 会員2(太田青磁) 夕焼けと夕暮れの色重ねおり美術館出でて見上ぐる空は 新しいペンキの匂いただよわすジャングルジムの消えた公園 片したら君の気配が消えそうで脱ぎ捨て…

短歌人勉強会で横浜吟行をしました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。5月22日の日曜日に横浜へ吟行にいきました。 短歌人の勉強会は3か月に一度なのですが、今回は久しぶりの吟行でした。集合は神奈川県立近代文学館という横浜の港の見える丘公園にある建物です。 この日は「夏目漱石展」が…

高良俊礼さんのブログで短歌が紹介されました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。高良俊礼さんのブログ「アンダーカレント」にて、私の短歌が紹介されました。 風すさぶ駅のホームで自販機の缶コーヒーに暖を取る夜(太田青磁) http://ameblo.jp/soundspal/entry-12153502354.html高良俊礼さん、ありが…

短歌人5月東京歌会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。5月8日の日曜日に池袋で短歌人の東京歌会に参加しました。短歌人の東京歌会は1月、2月、8月を除く毎月、主に池袋の会場で開催されています。今月は48首とかなりの分量を、4時間休憩なしで評をしあいました。短歌人の東京…

長谷川知哲さんのブログで短歌が紹介されました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。長谷川知哲さんのブログ「切磋琢磨Blog」にて、私の短歌が紹介されました。 原発を再稼働します 防災は各自治体にお任せします(太田青磁) http://sessatanka.blog92.fc2.com/blog-entry-1946.html長谷川知哲さん、あり…

短歌人東京歌会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 日曜日に池袋で短歌人東京歌会に参加しました。参加者は50名、詠草参加を含め52首を4時間掛けて鑑賞しました。 無記名で番号の付いた詠草を読みながら、席順通りに1番の歌から披講して、第一評を行い、その後司会の指…

短歌人2016年2月号月評(小池光選)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 2月号に投稿した作品に月評をいただきました。 短歌人2016年2月号 作品月評 小池光選 晩秋の駅のホームに置かれありラムネのガラス瓶の冷たさ ラムネ瓶が冷たいのはそれを手にしたからだろう。どこの誰が置いたとも知…

短歌人勉強会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。短歌人の同世代の方との勉強会に参加しました。 参加者7名で9首の歌をじっくりと読みあいました。今回提出した詠草は2首 普段より色の名前が増えている美術館帰りの夕空は 地下鉄の人みな少しうつむきて手元の画面に心…

短歌人2016年3月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。 短歌人2016年3月号 会員2(太田青磁) 五年間われの身分を保証するそのためだけの運転免許証 新年へ日付の変わる瞬間を味わいすぐに眠りに落ちる 権太坂と連呼されいて懐かしき母校の坂の景…

短歌人2016年2月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。 短歌人2016年2月号 会員2(太田青磁) 「羽生さん」とあればはぶさん「羽生君」とあればはにゅうくんと読んでしまう 氷上の羽生結弦は和の調べに正確無比のジャンプを決める 挑戦者の気持ち…

短歌人10月号掲載「風のメロディー」に評をいただきました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。短歌人10月号に掲載された連作「風のメロディー」から、小島熱子さんに2首評をいただきました。 息切らせ外階段を駆けるとき空が一段ずつ降りてくる 歌にうごきがあり、若々しい勢いがあるが三句の「駆けるとき」が気に…

短歌人 新年歌会に参加しました

こんにちは、短歌人の太田青磁です。少し時間が経ってしまいましたが、先週の1月17日に短歌人の新年歌会に参加しました。 昨年は仕事の都合で、夏季集会は家の予定で参加できなかったので、はじめての大きなイベントでした。この日はマイク係という大役を仰…

短歌人2015年11月号Selection

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 11月号に掲載された作品がSelectionに選ばれました。短歌人2015年11月号会員2 Selection 畑中郁子選 作者の視点と感性が新鮮に心にひびき感動をもらえた歌 会費制懇親会の会費欄に時価と小さく記されており選をいただき…

短歌人2016年1月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2016年1月号 会員2 太田青磁 ドの音を二回 汽笛を響かせてフェリーは離る五島の島を 軍艦の姿に似たる島影は昭和の廃墟として迫り来る 国内初鉄筋コンクリート住宅に窓枠だけが四角く残…

短歌人2015年12月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年12月号 会員2 太田青磁 月を見て酒酌み交わす友あれば浮世のことは水に流そう 積もりたる黄色の絨毯踏みながら並んで歩く外苑の道 風すさぶ駅のホームで自販機の缶コーヒーに暖を…

短歌人2015年11月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年11月号 会員2 太田青磁 喧騒を都会に残し山なみを窓に迎えるビューやまなし号 機械にて切り分けられて人の手でつつまれてゆく信玄餅は 鈴なりの赤き葡萄はやや酸くて黒き葡萄はず…

短歌人2015年10月号 卓上噴水 「風のメロディ」

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 短歌人には見開き2ページで20首掲載される卓上噴水というコーナーがあります。 まとまった数の連作を掲載いただく機会はなかなかないので、ちょっと緊張しています。短歌人2015年10月号卓上噴水「風のメロディ」太田青…

うたの日の歌会

歌が詠めないときは無理にでも題詠をすることで頭が切り替わる、という話を聞いたことがあります。とはいうものの締め切りがないとやっぱり詠めないと感じる方も多いのではないでしょうか。そんなときは歌会に参加することがモチベーションアップにつながり…

短歌人2015年9月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年9月号 会員2 太田青磁 雨粒はマシンガンにて折りたたみ傘は防御の役目果たせず 砂浜で日が落ちるのを眺めてるあるじをなくした麦わら帽子 クラッカー片手に持って部屋中の明かり…

短歌人2015年8月号(20代30代競詠)

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 例年、短歌人8月号は20代30代競詠という特集があります。 この特集に参加できるのは最初で最後なのですが、ぎりぎりで間に合いました。 普段の月詠は6首ですが、今回は題をつけた8首掲載です。短歌人2015年8月号(20…

短歌人2015年7月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年7月号 会員2 太田青磁 髪を切り衣替えしてまた一つシール柱に貼るせいくらべ 顔あげれば目にやわらかな葉桜の緑のエールまた歩き出す 蹴伸びしてプールに潜む5メートル解き放た…

短歌人2015年6月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年6月号 会員2 太田青磁 自転車の前かごに乗る幼子は春のいぶきを全身に受く カーテンを明るい色に替えました十年続けて住んだ記念に 返された本のみどりの付箋から恋が始まる午後…

短歌人2015年5月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年5月号 会員2 太田青磁 将棋盤に向かうまなざし鋭くも勝ったと告げる声あどけなく 紀伊國屋新宿本店二階奥詩歌コーナーに待ち人来たる 霧雨に煙る光も凛として平成に立つ東京タワ…

短歌人2015年4月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年4月号 会員2 太田青磁 君の髪に自由に触れる美容師のあの指先に軽く嫉妬す 耳元でささやくような風が吹き春の気配がわたしを包む 如月や雲ひとつなき空あおぎ澄んだ空気を深く吸…

短歌人2015年3月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年3月号 会員2 太田青磁 フレームに切り取るように空を見る美術教師の視線を辿る オリオンが南の空に映える夜君を天体観測に誘(いざな)う 静寂に向かう余韻に身を浸す終楽章の指…

短歌人2015年2月号

こんにちは、短歌人の太田青磁です。 今月の月詠を紹介します。短歌人2015年2月号 会員2 太田青磁 ワイン手に『渡辺のわたし』音読す吟行の日の打ち上げとして 音もなくくびれを落ちる砂時計わたしの時を刻み落ちゆく 舞台には脚光浴びる人あればスポット…